陶器北こども園は体験・知育・食育を大切に考え、子ども達の健やかな成長を育んでいます。社会福祉法人 公和会 陶器北こども園

メインイメージ

ごあいさつ

はじめまして。
平成24年4月1日から開園する陶器北こども園です。

豊かな自然、広い園庭でのびのびした環境で子どもの笑顔が絶えない保育園にしたいと思います。
また、隣接する畑を利用して、普段から土や虫、作物などの生き物に触れる機会を設けます。
自然を通して生き物の大切さ、生きていることに感謝できる子どもを育みます。
日本古来の文化も大切にし、普段からはだし保育を取り入れることで、健康でバランスのとれた身体作りにつなげます。

みなさんと一緒になって、より良い園作りを目指していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

保育理念

保育理念イメージ

いつも笑顔で、心のある“あいさつ”をする

子ども達の純粋な笑顔は、必ず愛護しなければなりません。
私達は、子ども達の純粋な笑顔を得るために、乳児期には、体が触れ合う
スキンシップを、幼児期には、相互的なコミュニケーションを大切に考えています。
そして、このコミュニケーションは、“あいさつ”に始まります。
“あいさつ”を大切にし、子ども達の反応をしっかりと感じることで、
子ども一人一人の心の状態、発達過程を捉え、
一人一人の状況に応じた生活の場を考えます。

保育方針

  • 笑顔の絶えない子どもを育みます
  • 明るくあいさつのできる子どもを育みます
  • 親孝行のできる子どもを育みます
  • 何事にも感謝できる子どもを育みます
  • 社会に貢献できる子どもを育みます

保育目標

名前を呼ばれたら「ハイ」と返事をする
・・・ 自分の意思・考えを持ち、伝える姿勢
「おはようございます」とあいさつをする
・・・ 相手の感情・考えを思いやる心
靴を脱いだら必ずそろえる
・・・ 躾、落ち着きのある行動
保護者の方へイメージ
保護者の方へ
イキイキとした子ども達の様子を写真データでご覧ください。
  • 放課後等デイサービス/児童発達支援「とうきハウス」
  • 放課後児童クラブ「とうきっこクラブ」